« 2011年1月 | トップページ

2011年2月

2011年2月23日 (水)

KOKO-YOKO-TOKO CHANEL デビューを飾る

第一回こまばアゴラ映画祭開幕ミニライブ
あなんじゅぱす presents KOKO-YOKO-TOKO CHANEL
2011年2月22日(火)こまばアゴラ劇場にて

Picture_kokoyokotoko

【出演】
ひらたよーこ(歌、キーボード、ジャンベ)
小峰公子(歌、アコーディオン)
吉良知彦(歌、ギター)
 
【今回のライブ】
 第一回こまばアゴラ映画祭の開幕を祝してあなんじゅぱすがミニライブを行いました。あなんじゅぱすは正岡子規の短歌から谷川俊太郎の現代詩まで言葉を歌うバンド。2006年くらいからあなんじゅぱすの歌ユニットとして立ち上がった小峰公子さんと私のデュオですが、KOKO-YOKO CHANELの愛称で好評を博した今年一月のパリライブの鮮度そのまま、に、ZABADAKの吉良知彦さんという最強メンバーを得て、豪華歌トリオでの演奏となりました。この映画祭は演劇と映画の垣根を超えてさまざまな人と作品との出会いを考えて企画されたとのこと。言葉をつかった芸術である演劇や映画の出会いの場所で、言葉を歌って開催を祝うことができてとっても幸せでした。歌はいつも真っ先にいろんな垣根を超えていく、まさに垣根超え名人ですな アルジェリア出身のベルベル人の先生との出会いをきっかけに、北アフリカからフランス経由で私と一緒に来日したジャンベ君も無事に日本デビュー。世界中の自由を求める人たちが苦しみ闘っている今、作品を通して人々が出会うこのささやかな時間と空間を、ことさら愛らしく大切に感じた夜でした。そして、よく考えてみたら、このメンバーだけで演奏するのもはじめてだったのでした。KOKO-YOKO-TOKO CHANEL、デビュー飾りました!!!衣装も三人して黒と赤でキメちゃったりして、バンド感高まってきて楽しかったっす

【演奏曲】
朝のリレー 
 詩/谷川俊太郎 曲/ひらたよーこ
さぼてんの砂漠
 詩/小嶋弓太郎 曲/ひらたよーこ
旅人かへらず
 詩/西脇順三郎(一部抜粋) 曲/ひらたよーこ
はなしのゆくえ
 詩/小峰公子 曲/ひらたよーこ
ゆうやけぐるみのうた
 詩/石原吉郎 曲/ひらたよーこ
はじめてうたったうた
 詩/小峰公子 曲/吉良知彦

2011年2月13日 (日)

【第一回こまばアゴラ映画祭開幕ミニライブ】あなんじゅぱす presents KOKO-YOKO-TOKO CHANEL

第一回こまばアゴラ映画祭開幕ミニライブが開催決定!

ひらたよーこと小峰公子のデュオ・KOKO-YOKO CHANELがパリライブから帰ってきました。
今回はZABADAKの吉良知彦も一緒。

Agaraeigasai

ーーーーーーーー
あなんじゅぱす presents KOKO-YOKO-TOKO CHANEL

出演:
ひらたよーこ(歌、キーボード他)
小峰公子(歌、アコーディオン)
吉良知彦(歌、ギター)

日時:2011年2月22日(火)
開場17:30~ 開演17:45~
入場料金:無料(予約優先・全席自由・整理番号付)

詳しくは
http://www.agora-summit.com/2010w/lineup/film.html

ご予約:03-3469-9107(青年団) 
http://www.seinendan.org/(オンライン予約あり)
お問い合わせ:03-3469-9107(青年団)  
komabaagora.ff@gmail.com

ーーーーーーーー

映画祭フェスティバル・ディレクターの深田晃司くんは、『歓待』で本年度の東京国際映画祭日本映画「ある視点」部門作品賞を受賞。映画と演劇の別なく、多様な作品と人間たちの接点である劇場の在り方を模索するうえで、アゴラ劇場初の映画祭を企画。

深田監督には、あなんじゅぱすDVD『んぐまーま』の監督をしていただきました。また、『ざくろ屋敷』では声優として参加させていただいております。そんなご縁で今回のお話いただけたのかな。2/23の昼1時からは『ざくろ屋敷』の上演もあります。深澤研さんのテンペラ画が素晴らしいです。

晴れの開幕にライブ演奏させていただけてとってもうれしいです

映画祭のご成功お祈りしつつ準備をすすめているところです。

小峰公子さんとの総天然色な歌デュオが立ち上がったのは2006年くらいから。素晴らしいボーカリストで作詞家の公子さんと音楽を紡がせていただけて身に余る幸せです。今年の1月には、パリでライブして、KOKO-YOKO-CHANELなんて豪華なユニット名もつけてもらいました。日本でもお披露目できたらな〜と思っていた矢先に深田くんから連絡をもらったのです。

今回は、ZABADAKの吉良知彦さんも一緒。私が最も尊敬するミュージシャンの一人。30分ほどの演奏だけど、吉良さんの音楽を体と心いっぱい感じたいです。吉良さんは、こどものころTOKOと呼ばれていたということで、KOKO-YOKO-TOKO CHANELになりました。

小峰さんとのライブ風景
Kokoyokotokohito
(左から、ひらたよーこ、小峰公子、楠均、吉良知彦。2007年6月22日、南青山MANDA-LA。写真:田中流)

Kokoyoko
(左から、ひらたよーこ、小峰公子。2007年6月22日、南青山MANDA-LA。写真:田中流)

Kokoyokochanel
(左から、小峰公子、Didier Egea、ひらたよーこ。 2011年1月23日、Le Petit Conservatoire du Plateau 写真:Ornella Del-Vecchio)

« 2011年1月 | トップページ