« あむ /矢野 誠ソロピアノ 2011 TOKYO LIVE | トップページ | あなんじゅぱすパリライブ »

2011年1月17日 (月)

【観劇!】交換 L'ECHANGE 

 マルセイユは曇りのち晴れ。朝のパリのリヨン駅からTGVでお昼のマルセイユ駅に到着。港まで散歩して、カフェで一休み。日本人の俳優の友達が開店したばかりのたこ焼き屋さんTAKO-SANにも遊びにいきました。夜にラ・フリッシュに到着。巨大な敷地内には、劇場、カフェレストラン、宿舎などが建っています。20時から公演を観劇。

 Paul Claudel作の「交換」を日本人の俳優4名が演じます。演出はFranck Dimech。劇場の奥行きと天井の高さを効果的に使ったミニマムな美術が美しく、ポール・クローデルの描く二組の夫婦の住まう二つの家屋を想像の中で自在に行き来することができました。上演時間2時間半以上の大作を、まさに舞台に全身を差し出すように演じた俳優4名が支えました。ヒロインを演じた女優の福士史麻氏の叫び声は、これまで観劇で体験した様々の俳優たちの叫び声の中でも出色のものでした。土井通肇氏の演出を受けて大きく飛躍した彼女の演技に、これからも目が離せません。川隅奈保子氏の演じたもう一人のヒロインとともに、ポール・クローデルの最愛の姉・カミーユ・クローデルの面影を感じることができました。綾田將一氏と島田曜蔵氏は、女性たちの強い愛の前で無力に立ち尽くすふたつの男性像を、それぞれの肉体の力を最大限に生かした演技で描き出していました。演劇の力を改めて信じることのできた夜でした。

 満員の客席にはマルセイユの日本総領事やクローデルさんのお孫さんなど、VIPな方々もいらしていましたが、ほとんどは一般のマルセイユのお客様のようでした。俳優の熱演に惜しみない拍手で報いたいと一体になった客席からは拍手鳴り止まず、4回のカーテンコールでした。

日本公演は2011年4月6〜11日こまばアゴラ劇場にて。詳細は『交換』l'Echage公式サイトをご覧ください。

マルセイユ公演チラシ
Img_0211_4

Img_0212

TAKO-SAN
Img_0187

Img_0195

夕闇のマルセイユ
Img_0206

雰囲気のあるマルセイユの劇場
Img_0207

Img_0208

« あむ /矢野 誠ソロピアノ 2011 TOKYO LIVE | トップページ | あなんじゅぱすパリライブ »

演劇」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【観劇!】交換 L'ECHANGE :

« あむ /矢野 誠ソロピアノ 2011 TOKYO LIVE | トップページ | あなんじゅぱすパリライブ »