« 2010年4月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年6月

2010年6月29日 (火)

【無料公開リハーサル】矢野誠+ひらたよーこ「少年」

ことばをうたうバンドあなんじゅぱすpresents 矢野誠+ひらたよーこ「少年」
無料公開リハーサル【若手芸術活動支援トライアル 市民還元事業】
日時:2010年8月5日(木)午後2時より
於:富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ メインホール
入場無料・予約不要

Photo_4

●作曲・演奏:矢野誠(ピアノ),ひらたよーこ(歌,ピアノ)
●詩:谷川俊太郎「少年」全12篇より

●会場・問合せ:富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ
〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1803-1  TEL 049-268-7788/FAX 049-268-7780

●交通のご案内:
池袋から東武東上線準急で29分「鶴瀬」駅東口よりタクシーで8分。 富士見市役所となり。 市内循環バスのご利用が便利です。(有料/170円) いずれも「東口」よりバスが出ています。 「富士見市役所」にてお降りください。(みずほ台駅13:05発→13:19着 /鶴瀬駅 13:34発→13:46着)車でお越しの方には、無料駐車場をご用意しています。

●若手芸術活動支援トライアル:
この事業は、高いレベルで芸術作品を発表している若手芸術集団に、キラリ☆ふじみが施設提 供での支援を行うと同時に、その高度な芸術活動を市民へ還元することを目的としています。

●イラスト:深澤研 ●写真:田中流 
●協力:MIDI.INC 青年団 ●制作協力:(有)レトル ●企画・主催:あなんじゅぱす

【2010年内リリース決定!】 CD 矢野誠+ひらたよーこ「少年」

【8/31MANDA-LA2】矢野誠+ひらたよーこ「少年」

ことばをうたうバンドあなんじゅぱすpresents 矢野誠+ひらたよーこ「少年」
日時:2010年8月31日(火)午後7時半より 於:吉祥寺MANDA-LA2

今年4月に好評を博した矢野誠とひらたよーこの「少年」、早くも再演決定。
作曲家・プロデューサーとして日本の音楽シーンを常に先駆者として支えてきた矢野誠と、ことばをうたうバンドあなんじゅぱすで現代詩を歌い続けてきたひらたよーこが、谷川俊太郎の詩「少年」全12篇に作曲し、歌とピアノによるシンプルな編成で新しい音楽の可能性を切り開きます。4月のコンサートからさらに発展したデュオユニットの新曲にもご期待ください。

Chirashimini

●詩:谷川俊太郎 「少年」全12篇より

●作曲・演奏:
矢野誠(ピアノ)+ひらたよーこ(歌,キーボード)

●日時:2010年8月31日(火)午後7時半より
(開場は開演の30分前)

●会場:吉祥寺MANDA-LA2
0422-42-1579
http://www.mandala.gr.jp
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-8-6-B1
JR中央線・井の頭線吉祥寺駅南口徒歩約5分
http://www.mandala.gr.jp

●予約・問合せ:あなんじゅぱす(7/31より)
090-9105-2725 anapa_yoyaku@freeml.com
http://homepage3.nifty.com/unangepasse

●チケット:予約・当日共 ¥3,000
(ドリンク代別途 全席自由 予約整理番号付)

●チラシデザイン:深澤研 ●写真:田中流 
●協力:青年団、富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ、MIDI INC. 
●制作協力:(有)レトル ●企画・主催:あなんじゅぱす

【2010年内リリース決定!】 CD 矢野誠+ひらたよーこ「少年」

矢野誠(ピアノ)
作曲家・編曲家・プロデューサー・ピアニスト。70年代初めより、オリジナル・ムーンライダーズのオルガニストを経て、細野晴臣らのキャラメル・ママ、ティン・パン・アレー系のミュージシャンや、松本隆、筒美京平らと協力しながら活動。72年、南沙織、ブレッド&バターなどのアルバムにて編曲者としてデビュー。以降、ストリングスやホーン、和楽器、ピアノ、シンセ等を中心にニューミュージックの幕開けを担い、新たな音楽シーンを開拓。79年、「マコト・ハイランド・バンド」の名義で『インジェクション』をリリース。別名義の「プラスティック・ズー」でもビーチ・ボーイズのテクノ・カヴァー。あがた森魚、矢野顕子、吉田美奈子、ムーンライダーズ、石川セリ、井上陽水、岡林信康、喜納昌吉、奥田民生、宮沢和史、サニーデイサービス等、百名以上のアレンジ・プロデュースを手がける。大ヒット曲「花」の制作者としてNHKドキュメンタリーにも出演。ソロ活動では、90年『百和香(HAKUWAKO)』、99年『あむ』、00年『あむ〜Chorusing』、03年『あむ〜ブルックナー・フェスティバル 2002』をリリース。コラボアルバムでは、94年の友部正人との『雲のタクシー』などがある。

ひらたよーこ(ピアノ・歌)
ことばをうたうバンドあなんじゅぱす主宰、劇団青年団俳優。東京生まれ。作曲家の父のもと鎌倉の七里ガ浜で作曲に親しんで育つ。4歳よりピアノを、12歳よりヴァイオリンを学ぶ。国際基督教大学で細胞生物学を専攻。在学中に劇団青年団に入団、以後、「東京ノート」他数多くの作品に出演。ヨーロッパ等海外公演に多数参加。同時にシンガーソングライターとしての活動を開始。九六年に演劇と音楽の結実点として、あなんじゅぱすを結成。作曲、歌、ピアノを担当。正岡子規の短歌から谷川俊太郎、藤井貞和等の現代詩まで百年の言葉を歌う活動は、音楽というジャンルを越え、演劇、短歌、現代詩など様々な分野で高い評価を得ている。04年にローマ、06〜10年にパリで5回のコンサートを行う。09年に日仏イラン合同演劇「ユートピア?」に出演。今年1、2月は出演&挿入歌を作曲した日仏同演劇「鳥の飛ぶ高さ」にてパリ市立劇場他フランス各地で公演。6月に静岡芸術劇場にてSPAC「若き俳優への手紙」に出演。

あなんじゅぱす http://homepage3.nifty.com/unangepasse
正岡子規の短歌から谷川俊太郎,藤井貞和等の現代詩まで100年の「ことばをうたうバンド」。96年の結成以来「詩と旋律の必然性」を問い続けるあなんじゅぱすの活動は、音楽、演劇、短歌、現代詩など様々な分野で高い評価を得ています。

An51

« 2010年4月 | トップページ | 2010年11月 »