トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月27日 (火)

ハリモグラ一段最後の日

明日はいよいよハリモグラの改装工事の日。 スタジオ・ハリモグラはあなんじゅぱすの小さなプライベートスタジオです。天井の高さを利用して、二段にして、演奏スペースを増やす計画です。 画像は下から見上げたハリモグラ。果たして、今日が見納めの光景となるのか? ホントに二段になるのかハリモグラ? がんばれハリモグラ。 Dscn0007

2007年2月24日 (土)

カチカチ山

ZABADAKにてご活躍中の作詞家・ボーカリストの小峰公子さん。小峰さんをお招きして、総天然色うた世界「カチカチ山」を創作中です。小峰さんと作品をつくるのが長年の夢でしたが、ついに実現! 小峰さんとわたしのツインボーカル初お披露目となります。3月11日にMANDA-LA2で行う、あなんじゅぱす春のコンサートでは、谷川俊太郎さん特集「私は生きるのを好きだった」に加え、「カチカチ山」を二本立てで行います。小峰さんのエネルギーに満ちたつややかな声によって、あなんじゅぱすの楽曲がふわりっ! と空に舞い上がっていく感覚に、作曲している私自身、驚きながら、感動しながら、準備をすすめています。ちょっと、びっくりするほど、いいのです! はやくお披露目したいです! お小峰さんのおなじみのファンの方々にも、現代詩を歌う小峰さんを存分に堪能していただけることと思います。皆様のご来場、心よりお待ちしておりま~す!!! さてさて、総天然色うた世界「カチカチ山」、ちょっとだけ、ご紹介を。。

総天然色うた世界「カチカチ山」 

作・歌・アコーディオン:小峰公子
作曲・歌・ピアノ:ひらたよーこ

演奏予定楽曲:
さぼてんの砂漠 小嶋弓太郎 
強い腕に抱かれる 萩原朔太郎
ゆうやけぐるみのうた 石原吉郎
キラキラヒカル 入沢康夫
アリフは町へ行ってこい 石原吉郎
はなしのゆくえ 小峰公子

2007年2月22日 (木)

スタジオ・ハリモグラ二段化計画

スタジオ・ハリモグラにロフトをつくる計画が進行中です。ハリモグラはあなんじゅぱすの小さなプライベートスタジオで、現在はグランドピアノとキーボードで面積の半分が埋まっている状態ですが、天井は高いのです。もしロフト部分をつくることできれば、演奏スペースや楽器セッティングのための面積をかせぐことができるでしょう。来月3月11,13,14日に東京、水沢、仙台で行うあなんじゅぱす春のコンサートの編成では、フルドラムセットを組む必要があります。直前の集中リハーサルのために、演出の前田司郎さんのアトリエ・ヘリコプターのロビーをおさえていただいておりますが、近隣住宅への配慮から、今回の編成でのフルボリューム演奏が可能かどうか、ちょっと微妙なところ。そこで、ドラマーの大光亘さんとご相談して、ハリモグラを二段にしてロフト部分をつくることを考えました。例えば、音楽監督・キーボードの只野展也さんとギターのサイトウミノルさんにロフト部分に楽器をセッティングいただいても、充分な広さと加重の設計・施工をすれば、ハリモグラでフルドラムセットを組んで集中リハーサルをすることも夢ではありません。劇団青年団でもお世話になっている舞台美術家の杉山至くんにご相談し、打ち合わせをすることになりました。いよいよ、計画の具体化です。

トップページ | 2007年3月 »